Lifeissimple

こんな夜中もしくは明け方にふと思う。

生きてることってもっともっとシンプルなはず。

子供の頃の私は、ちゃんと知ってたね、

今もど真ん中の純な部分ではわかってるはず。

いつの間にか背負ってしまったり複雑にしてしまってるものたち

それは悪ではない

生きてきたからこそ、味わったり知ったり思考したりするようになったこと。

その壁はお金でしょうか

いつの間にか自分の中でできてしまった思い込みか

傷ついた心でしょうか

どうにもならないこともあるんだとわかって

停滞してしまった心でしょうか

まだまだ、成長の余地はある。

あの頃、何より大事なのは思いやりだと思ってた。

笑い、楽しむこと。

喜んでもらうこと。

絶対的な自信と、安心感。

夢を叶えることはとても簡単だと思ってた。

世の中を変えることはとても簡単だと思ってた。

今はそんなちょっと傲慢なことは思わないけれど

もっとシンプルだった頃を思い出す。

いつから私は、自分自身に対してでなく

人に対して悔しいという気持ちを持つようになったのか。

その人が傷つかないことが最優先だったのに、自分を守ることが最優先になったのか。

我慢をすることができなくなったのか。

諦めることができるようになったのか。

素直になった自分とそうさせてくれた人たちに感謝すると共に

やっぱり心の奥底にある、今だって忘れてない純な部分

こんな大人でいたい!

こんな大人にはなりたくない

ってあの頃強く思ってた部分。

大事にしたいよねって、思い出した今夜

もっと、シンプルに。

Lifeissimple

ほんと、そうだな。