産婦人科という生き方 - バンデーンコマクサ

産婦人科の先生は本当に休める時間がないと思います。そもそも人の命を扱う仕事でとても責任が重く最近は産婦人科医になりたいと思う人が少ないそうです。そのため産婦人科の角が慢性的に足りずひとつの病院に多くの妊婦さんが集まるといった現象が起きています。そのため朝から晩まで大変多くの妊婦さんの診察をすることが余儀なくされており、まだ破水をしてしまうなど緊急事態には夜中でも オペをしなくてはいけません。そのためゆっくりと寝られるような時間も限られてる時があり、本当にそうしようと思いますやりがいも大きく頑張って出産をしたお子さんとかを見ると本当に良かったなと思えるのだと思います。そういう瞬間があるからこそあの仕事はやっていきのではないでしょうか。お金はあっても自分の時間がない職業だと思いますが、それでもそういう生き方をしてる先生のことを尊敬します。